• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

新着記事 一覧

ニュース

進化する虎ノ門ヒルズ、インゲンホーフェンが語る

ALT

虎ノ門ヒルズで、ドイツの設計事務所、インゲンホーフェン・アーキテクツが外装デザインを手掛ける超高層2棟が着工する。「虎ノ門ヒルズビジネスタワー」と「虎ノ門ヒルズレジデンシャルタワー」だ。

ニュースがわかる建築時事クイズ

Q.2月着工、虎ノ門ヒルズビジネスタワーの高さは?

ALT ニュースがわかる建築時事クイズ第21回は「虎ノ門ヒルズ」に関する問題です。虎ノ門ヒルズでは既存の森タワーに加え、今後3棟の超高層ビルが建設されます。では、2月に着工する「ビジネスタワー」の高さは?

最新号公開! 日経ホームビルダー2月号

ALT 新築住宅は築10年を過ぎればひと安心――。そんな常識が通用しなくなっている。民法の不法行為責任(時効は20年)を追及する欠陥住宅訴訟が続出しているからだ。築10年を過ぎても、基本的な安全性を損ねる欠陥と過失があれば、損害賠償の対象となる。建て逃げは許されない。長期品質保証を前提としたリスク管理が不可欠だ。

ニュース

竹中工務店が購入した名住宅「聴竹居」とは?

ALT 「木造省エネ住宅の先駆け」として知られる聴竹居をこのほど竹中工務店が取得した。聴竹居とはどんな建物のなのか。日経アーキテクチュア本誌読者にはおなじみの「建築巡礼」で、2015年に聴竹居をリポートしているので、特別にそれを公開する。

普通コンクリートを建設現場で高流動に

ALT 奥村組は、建設現場に運んできた普通コンクリートに、高流動化剤を添加して高流動コンクリートに変える技術を開発した。建設現場近くの生コン工場が普通コンクリートしか出荷できない場合でも、高流動コンクリートを打設できるようになる。

製品ガイド(建築・住宅)

高さ400cmのヨコ型ブラインド

ALT 立川ブラインド工業は、オフィスや店舗、施設向けのヨコ型ブラインド「モノコムシェイディ」の製作可能高さを400cmまで拡大し、2017年1月5日に発売した。

ニュース

トイレでもう迷わない、操作の絵文字を標準化

ALT TOTOやLIXIL、パナソニックなど9社が加盟する日本レストルーム工業会(名古屋市)は1月17日、トイレの操作パネルに使用する絵文字(ピクトグラム)を標準化することを発表した。2017年度以降に発売する新製品から順次新しいピクトグラムを採用する方針だ。工業会の各社とも、国内外向け、家庭向け、公共向けなどの製品を問わず、ピクトグラムの切り替えを進める。

製品ガイド(建築・住宅)

好みの湯温を簡単に設定できるエコキュート

ALT ダイキン工業は、家族一人ひとりの好みに応じた入浴をサポートする「温浴タイム」を搭載し、マイクロバブルの入浴も楽しめる「ダイキンエコキュート」を2017年1月6日に発売した。

製品ガイド 一覧

連載コラム・特集・特設

話題の新刊 一覧

ページの先頭へ