• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

新着記事 一覧

編集長が語る日経ホームビルダーの見どころ

おわびの品はいくらがいい?

ALT

住宅の建設時に建て主との間でトラブルが発生したらどうするか――。住宅の設計や工事の実務を担っている方であれば、1度は考えたことがあるのではないでしょうか。日経ホームビルダー5月号の特集「建て主の本音『不愉快な工務店』」では、営業や設計、施工の場面で建て主が不満に感じていることを、建て主300人への調査から浮き彫りにしました。

プレイバック「日経アーキ」

【2001年】建築メディアが見た開発ラッシュ

ALT 2000年代前半の日経アーキテクチュアには、ダイナミックに変貌する都市構造とその景観をクローズアップした企画が幾つか登場します。その代表は、2001年12月10日号からの短期集中シリーズ「東京超高層新時代」。2002年3月18日号までの全7回に及ぶものでした。

土木のチカラ

幻想的な空間へいざなう周遊船

ALT 徳島LEDアートフェスティバル2016後編では、川から見た展示作品の様子をレポートする。アートフェスティバルのおかげで、市民の意識が川へ向くようになってきたほか、県外からの集客増につながっている。

製品ガイド(建築・住宅)

無駄な開閉を減らす自動ドア用センサー

ALT オプテックスは、画像技術で人の歩く速度や進む方向を読み取り、通行したい人だけに自動ドアを開けるセンサー「eスムースセンサー」を2017年5月9日に発売する。

新設コンクリート革命

「バイブレータを10cm挿入」で受発注者が対話

ALT 書籍「新設コンクリート革命」の発行に伴う短期連載第2回は、「施工状況把握チェックシート」を使った現場の事例を、特別に公開します。

ニュース

駅前再編から始まる「新宿大改造」

ALT 東京都と新宿区が、2040年代を見据えた「新宿の新たなまちづくり(案)」を4月17日に公表した。新宿駅前は歩行者優先の広場に再編することなどを明らかにした。17年夏をめどに具体的な整備方針を公表する。

ニュース

一級建築士の定期講習未受講者、処分内容を細分化

ALT 国土交通省は、一級建築士に義務付けている定期講習の受講義務違反について、懲戒処分に関する基準の一部を見直す。義務違反に対する処分のプロセスを細分化する点が特徴だ。

ニュース

大規模倉庫の36%で防火設備の閉鎖障害

ALT 全国にある大規模倉庫の約36%で、防火設備に閉鎖障害があった——。国土交通省と総務省消防庁の調査で、こんな実態が明らかになった。

私の駆け出し時代

林昌二氏に叩き込まれた「筋の通し方」

ALT 今回は亀井忠夫氏の「ブレークスルー」編。現在の日建設計の基礎を築いた林昌二氏からは、論理的な考え方を叩き込まれた。そして、「本流の仕事に携われるチャンス」が入社6年目にようやく訪れる。1995年に竣工した「JTビル」だ。日建設計の設計者の業務が川上へと広がっていく時代を背景に、亀井氏は、官庁や複数の事業者との調整業務に力を注いだ。

フォトジェニックな場所はどこ?SNSで景観評価

ALT 北海道大学は、SNSで共有されている位置情報付きの写真から、景観の価値を定量的に評価する手法を開発した。

製品ガイド 一覧

連載コラム・特集・特設

話題の新刊 一覧

ページの先頭へ