• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

新着記事 一覧

ニュース

駅前再編から始まる「新宿大改造」

ALT

東京都と新宿区が、2040年代を見据えた「新宿の新たなまちづくり(案)」を4月17日に公表した。新宿駅前は歩行者優先の広場に再編することなどを明らかにした。17年夏をめどに具体的な整備方針を公表する。

私の駆け出し時代

林昌二氏に叩き込まれた「筋の通し方」

ALT 今回は亀井忠夫氏の「ブレークスルー」編。現在の日建設計の基礎を築いた林昌二氏からは、論理的な考え方を叩き込まれた。そして、「本流の仕事に携われるチャンス」が入社6年目にようやく訪れる。1995年に竣工した「JTビル」だ。日建設計の設計者の業務が川上へと広がっていく時代を背景に、亀井氏は、官庁や複数の事業者との調整業務に力を注いだ。

ニュース

大規模倉庫の36%で防火設備の閉鎖障害

ALT 全国にある大規模倉庫の約36%で、防火設備に閉鎖障害があった——。国土交通省と総務省消防庁の調査で、こんな実態が明らかになった。

最新号公開! 日経ホームビルダー5月号

ALT 建て主が心の中に秘めている不満に気付いているだろうか。家づくりにおいて、トラブルなどを経験した建て主300人に不愉快と思った経験を尋ねたところ、建設途中にあると答えた人が60%を超えた。この傾向は、依頼先を問わない。ひとたびトラブルが生じれば、不愉快な思いは大きなクレームの火種となる。建て主の本音から、効果的なクレーム対策を探った。

日経ホームビルダー5月号 特集1

建て主の本音 「不愉快な工務店」

ALT 建て主が心の中に秘めている不満に気付いているだろうか。家づくりにおいて、トラブルなどを経験した建て主300人に不愉快と思った経験を尋ねたところ、建設途中にあると答えた人が60%を超えた。この傾向は、依頼先を問わない。ひとたびトラブルが生じれば、不愉快な思いは大きなクレームの火種となる。建て主の本音から、効果的なクレーム対策を探った。

日経ホームビルダー5月号 特集2

直下率が“構造計画”の新指標に

ALT 「大きな被害が生じた住宅は直下率が低い」――。熊本地震直後に日経ホームビルダーはこう報じた。その後、テレビ番組が直下率を大々的に取り上げたことから、一般消費者の間でも話題になっている。自由設計を売りにする在来軸組工法の住宅は、直下率の低いものが多々ある。簡易な壁量計算と仕様規定で設計は可能だが、その法制度にリスクはないのか。熊本地震から1年たって判明した新事実を基に、対策を提示する

ニュース

一級建築士の定期講習未受講者、処分内容を細分化

ALT 国土交通省は、一級建築士に義務付けている定期講習の受講義務違反について、懲戒処分に関する基準の一部を見直す。義務違反に対する処分のプロセスを細分化する点が特徴だ。

省エネNext

中小ビルのZEB実証事業、ZEBプランナーの関与が要件に

ALT 静岡県環境資源協会(SERA)は4月17日、2017年度の「ZEB実現に向けた先進的省エネルギー建築物実証事業」の公募要領を発表した。補助対象となる建物は、地方公共団体などのビル(地方独立行政法人、公営企業を含む。面積要件なし)と、中小規模業務用ビル(建築確認申請の床面積2000m2未満)。

製品ガイド(建築・住宅)

ガスエンジンと電気モーターを搭載したハイブリッド空調システム

ALT ヤンマーエネルギーシステムは、室外機本体内にガスエンジンと電気モーターの両方を搭載し、効率的な運転制御ができる「ハイブリッド空調システム『スマートマルチ』」を2017年4月1日に発売した。

ニュース

秀光ビルドに「文春砲」の波紋、社長に独占取材

ALT 週刊文春に「急成長『格安一戸建て業者』は欠陥だらけ」と題する記事が掲載されたのは、3月16日のこと。秀光ビルド(石川県加賀市)が設計施工を手掛けた複数の住宅で瑕疵が見つかったことを報じる内容だった。同社の年間建設棟数は約1860棟。ここ10年で急成長を遂げたが、品質管理上の問題はなかったのか。同社の本間航也社長が、日経ホームビルダーのインタビューに応じた。

ニュース

4号建築物の壁量には2つの問題がある

ALT 熊本地震の木造住宅被害を受けて4号特例を見直す必要はあるのか。日本弁護士連合会が主催したシンポジウムで、国土交通省、欠陥住宅問題に取り組む弁護士、建築行政の現場担当職員、構造研究者、構造実務者による議論が白熱した。

シリーズ3 『音とにおいの「クレーム地獄」を回避する!』

「におい侵入事件」は想定外の要因から!?<前編>

ALT 二世帯住宅の2階のトイレに漂うタバコのにおい。2階に住む子世帯には喫煙者はいないはず…。いったいどこから侵入したのだろうか。設計のミス?それとも施工のミスか?

ニュース

大規模建築物で物流に配慮を、国交省が設計の手引き

ALT 国土交通省は3月29日、物流を考慮した建築物の設計・運用に関する手引きを公表した。建築物の計画次第で、周辺道路の円滑な交通、物流事業者の配送頻度の低減、搬入出に掛ける時間短縮が期待できることなどを示した。

ニュース

説明下手な営業担当者は嫌?:戸建て顧客の本音

ALT 日経ホームビルダーが3月に実施した顧客調査から、顧客の本音を紹介する。営業担当者、設計担当者、施工担当者が対応する3つのシーンについて分析。工務店に依頼した人と、ハウスメーカーに依頼した人で違いがあるのかを比較した。連載の初回は、営業担当者に対する本音を探る。

製品ガイド 一覧

連載コラム・特集・特設

話題の新刊 一覧

ページの先頭へ